<   2006年 01月 ( 51 )   > この月の画像一覧
同時進行。。
ウォールストリート外資銀行残酷日記
下品なので、ジョークの嫌いな人は読まないほうがいい、、かな。

外資系投資銀行の現場
今読んでます。半分読めればいい、、かな?

愛の保存法
小説読まないと死んじゃう、、、というわけで、愛の保存法♪短編小説が・・・6つ?
「愛の保存法」の男の人、なんとなくフォーナインズで働いている人を思い浮かべちゃいました☆
個人的に「寂しがりやの素粒子」が好き♪
[PR]
by harkul | 2006-01-30 18:25
インフレ目標政策
日経社説 グリーンスパン後の世界経済が始まる(1/30)

バーナンキさんの本
[PR]
by harkul | 2006-01-30 18:14 |
約束♪
わーぃ。

昨夜のこと、
ディズニーランドに行く約束しました♪
たぶん、、来月??
久しく行ってないので、今から楽しみです♪

約束が先にあると、少しだけ安心。。。
[PR]
by harkul | 2006-01-29 16:22 | 雑記
ベスト8!
ヒンギスはベスト8。

asashi.com : テニスの全豪オープン第10日は25日、メルボルンのメルボルン・パークで男女シングルス準々決勝を行い、女子は第2シードのキム・クライシュテルス(ベルギー)が、4大大会復帰戦のマルチナ・ヒンギス(スイス)を6―3、2―6、6―4で押し切った。クライシュテルスは、第7シードのパティ・シュナイダー(スイス)に快勝した第3シードのアメリ・モレスモ(仏)と準決勝で対戦する。



もう少し頑張って欲しかったけど、、、
べすと8でもすごいと思う。。次は、、全仏?頑張ってほしいと思います♪

そういえば、、親元を離れてから、テニスの試合、、あまり見てないかも、、、
WOWOW加入しようかな。。

[PR]
by harkul | 2006-01-26 11:44 | 雑記
なまえ
なまえといえば、、、
妹尾河童さんは息子の名前を決めるとき、、、
分かりやすくて親しみやすい名前を幾つかあげて、
友人にアンケートをして決めた。。
みたいなことを、読んだことあるけど、、


ここに載っている子供たちの名前は、どれも魅力的です♪

名付けた人たちの想像力?はすごいと思うし、
それを知った親戚の反応・・・を想像したら面白かったです♪♪



・・・あたしの名前は無難でよかったかも。。
[PR]
by harkul | 2006-01-26 11:39 | 雑記
疲れたよぅ。。
最近、というわけじゃないけど、ここのところ、ず~と疲れてて、、

頭の中でカリドルの"BOLO BOLO"(視聴できます♪) が流れてます。。


うぅ、、、誰か手伝って。。
[PR]
by harkul | 2006-01-25 20:17 | 音楽
ライブドアのこと その②
不動産金融屋日記さんのエントリ連結の定義

圏外からのひとことさんのエントリ「罪を憎んで人を憎まず」2.0


金融の規制緩和を進める一方で、ちゃんと、法整備をしなかったくせに。。。
グレーゾーンを堂々と歩いてたからって、、みんなへの見せしめ?
(あたしは、ホリエモン好きです。)

ネットで見た金融ビックバンについて。
1998年に書かれたものみたいだけど、お勉強になるので。。
金融機関の監督に必要な人員の確保がコスト面で容易になる。日本では大蔵省内の監督局が300人足らずの人員で日本の全金融機関の考査を行っているが、米国の考査の為の人員は15000人を超える。この数字だけをみても米国での考査に対する姿勢を伺い知ることができる。また、ルール違犯に対する罰則も厳しく、1988年のマイケル・ミルゲンによるジャンク債の場合、80億円を超える罰金が科せられた。このような犯罪を防ぐために、考査機関を強化するだけでなく、MBAスクールなどでは金融倫理学なる講座が開設され、金融業に携わる人々の倫理面での教育も行われはじめた。残念ながら日本ではこれだけのリアクションをとれていない。いまだに切腹主義が金融業トップにも浸透し、「退陣=責任をとる」という考え方が大勢を占めている。
 米国金融業界の企業は自浄努力を促すため、企業内にコンプライアンス・オフィスを開設し弁護士免許を持つ専門家を雇って企業内の監視を行っている。コストはかかるが、違反した場合の罰金を考えた場合、かえって安くつくという考え方からこの体制をとる企業が多くなっている。
 「ビッグバン」というネーミングの由来ともなっている英国での金融制度改革についても簡単に触れておく。その最大の特徴は、英国企業重視でなく英国市場重視という点にある。市場の自由化を進めた結果、体力のなかった英国系金融機関はオランダやドイツの企業に買収され、市場のプレイヤーは主に他国籍となってしっまったが、しかしながら法人格が他国籍化しただけで、そこで雇用される人々は英国人であり雇用の面での障害は発生していない。要は市場の活性化が最優先であり、それによって受ける利のほうが英国籍企業を守ることにより受ける利よりも大きいと判断した結果である。日本ではここまで開き直った方策を取り入れるつもりはないようである。長年の政治経済癒着構造の弊害ともいえるであろう。

[PR]
by harkul | 2006-01-25 17:37
ライブドアのこと
泥酔論説委員の日経の読み方さんの堀江社長 逮捕 2より

では何が問題なのか、検察が押収したとされる「不正取引の構図」(チャート)によればこうなります。

1 投資事業組合の株式売却益がライブドアに還流(利益の付け替え)
2 ライブドアマーケットの業績水増しと株式分割で株価つり上げ
3 ライブドアは投資事業組合を実質的に運営
4 株式交換で新株発行
5 マネーライフへ買収資金を株でなく現金で払った

1の「還流」ですが、匿名組合にライブドアが出資し、そのリターンを得るという行為自体は問題ありません。
何段もの投資組合が間に挟まっていても、それだけで不正とも言い切れません。
最終的にその組合がライブドア株を売却し、その利益を出資者に分配することも商法違反かと言われるとかなり微妙なところでしょう。
2の前段である業績水増しは事実認定だけですね。
ただ問われるのは「決算短信」の方でしょう。
つまり分割する株価つり上げを目的としたらならば、分割前に発表された「短信」に水増しがあったわけで、しばし本決算とは異なる事が多い短信発表に違法性をどこまで問えるかというところです。

3は「実質的」というところがミソで、自殺した野口氏がいたHS証券系のHSインベストメントが運営する「M&Aチャレンジャー1号投資事業組合」とバリューリンクの「VLMA2号投資事業組合」は、ライブドアとは業務執行組合員が異なっていますので、何をもって「実質的」と判断するのかが大変難しいポイントです。
4については、これは誰が見ても違法でなくれっきとした合法ですが、マネーライフの価値をライブドアファイナンスがお手盛りで嵩上げして見積ったという報道もありますが、一方で日本M&Aマネジメントに査定をしてもらったというライブドアの主張はどのメディアも報じていません。



昨日もパパと話したら、ホリエモンのことあまりいい印象で語ってなくて、
どうなのかなぁ。。なんて思ってたけど、こんなエントリを見つけたので、少しメモ。

法律をあまり知らないあたしには、、、なんか違和感あったのが、少しだけすっきりしました。
専門家のひと頑張って!
[PR]
by harkul | 2006-01-25 09:52 | 雑記
男の子って、、、
固まって氷になった雪の上を
往復してる男の子をみました♪


転ばないように、一生懸命になりながら、てくてく。。


うーん、、、微笑ましかったです♪♪
[PR]
by harkul | 2006-01-25 00:12 | 雑記
雪はまだ残ってて、、
昨日のことだけど、、


木の上の雪が強風に吹かれて、
さっと、落ちていって、、

その雪が太陽にてらされて、きらきらしてて、、すごーく、キレイでした♪♪
[PR]
by harkul | 2006-01-25 00:10 | 雑記