カテゴリ:未分類( 39 )
この政治家のしと
これを読んで少し好きになりました。
[PR]
by harkul | 2006-06-29 22:09
WBC日韓戦
HUBで観戦中…すっごい楽しいo(^-^)o
[PR]
by harkul | 2006-03-19 14:01
世界遺産
今夜の世界遺産は、エルサレム。

どんな番組になるのか、、難しそう。。楽しみです。。
[PR]
by harkul | 2006-02-19 23:26
くすり
一日いっかい。飲んで効く?
のCMじゃないけど、

月曜日から、花粉症で苦しんでます。。


つらいのは、薬がよく効きすぎるから。。
今年から一日いっかい、夜1錠のくすりを飲んでるのですが、
これが眠い。。

持続性の睡眠薬ですか・・・?なんて思うくらい頭が働かなくて、
昨日も7時間も寝たのに、一日中眠くて、普段は読書で過ごす電車も
ぼーっっと。つり革広告を眺めてました。。うぅーん。

このままじゃ、、日常生活に支障が出るし。。。


いいくすりあるのかしらん?
[PR]
by harkul | 2006-02-16 23:40
MSを見ながら。。。
昨日のバレンタイン、、、の話はさておき、、、


今日で勉強ひと段落、、そして打ち上げ!
今のところ、けっこう人は集まって20人くらいの予定。。。

あと数時間!
気合入れて、勉強頑張りま~す♪
[PR]
by harkul | 2006-02-15 06:19
れべるあっぷ♪
なれない財務諸表を、EDINETでちぇっく!

楽しいけど、忙しいです。。
電車の中では・・・少しの間でも熟睡。。
もしくは、お勉強。。


ツラいけど、、、なれない本郷は、食堂がおいしかったです♪(気持ちの問題かな?)

それと、、ぢつは今日、ある情報が申請すれば見られることを知りました。。
大学内でも口コミでしか情報開示の情報がまわってないらしく、あまり知られてないらしいです。。
場所分かりにくいところにあるし。。

・・・その結果とは、大学入試の結果。。
落ちたのも含めて、記録されてるみたいです♪
[PR]
by harkul | 2006-02-02 22:53
同時進行。。
ウォールストリート外資銀行残酷日記
下品なので、ジョークの嫌いな人は読まないほうがいい、、かな。

外資系投資銀行の現場
今読んでます。半分読めればいい、、かな?

愛の保存法
小説読まないと死んじゃう、、、というわけで、愛の保存法♪短編小説が・・・6つ?
「愛の保存法」の男の人、なんとなくフォーナインズで働いている人を思い浮かべちゃいました☆
個人的に「寂しがりやの素粒子」が好き♪
[PR]
by harkul | 2006-01-30 18:25
ライブドアのこと その②
不動産金融屋日記さんのエントリ連結の定義

圏外からのひとことさんのエントリ「罪を憎んで人を憎まず」2.0


金融の規制緩和を進める一方で、ちゃんと、法整備をしなかったくせに。。。
グレーゾーンを堂々と歩いてたからって、、みんなへの見せしめ?
(あたしは、ホリエモン好きです。)

ネットで見た金融ビックバンについて。
1998年に書かれたものみたいだけど、お勉強になるので。。
金融機関の監督に必要な人員の確保がコスト面で容易になる。日本では大蔵省内の監督局が300人足らずの人員で日本の全金融機関の考査を行っているが、米国の考査の為の人員は15000人を超える。この数字だけをみても米国での考査に対する姿勢を伺い知ることができる。また、ルール違犯に対する罰則も厳しく、1988年のマイケル・ミルゲンによるジャンク債の場合、80億円を超える罰金が科せられた。このような犯罪を防ぐために、考査機関を強化するだけでなく、MBAスクールなどでは金融倫理学なる講座が開設され、金融業に携わる人々の倫理面での教育も行われはじめた。残念ながら日本ではこれだけのリアクションをとれていない。いまだに切腹主義が金融業トップにも浸透し、「退陣=責任をとる」という考え方が大勢を占めている。
 米国金融業界の企業は自浄努力を促すため、企業内にコンプライアンス・オフィスを開設し弁護士免許を持つ専門家を雇って企業内の監視を行っている。コストはかかるが、違反した場合の罰金を考えた場合、かえって安くつくという考え方からこの体制をとる企業が多くなっている。
 「ビッグバン」というネーミングの由来ともなっている英国での金融制度改革についても簡単に触れておく。その最大の特徴は、英国企業重視でなく英国市場重視という点にある。市場の自由化を進めた結果、体力のなかった英国系金融機関はオランダやドイツの企業に買収され、市場のプレイヤーは主に他国籍となってしっまったが、しかしながら法人格が他国籍化しただけで、そこで雇用される人々は英国人であり雇用の面での障害は発生していない。要は市場の活性化が最優先であり、それによって受ける利のほうが英国籍企業を守ることにより受ける利よりも大きいと判断した結果である。日本ではここまで開き直った方策を取り入れるつもりはないようである。長年の政治経済癒着構造の弊害ともいえるであろう。

[PR]
by harkul | 2006-01-25 17:37
テレマップ
で、うつ病の番組の紹介。。

ちょっとメモ。
[PR]
by harkul | 2006-01-25 00:03
NHKアーカイブ
一昨日のこと、録画したはずの蟲師を見ようとしたら、
ハードディスクの要領が足りなくて、
見ることが出来ませんでした。


えー、すごく楽しみにしてたのに、、と思い、
悲しみのあまりテレビをザッピングしてたら、

ふと、NHKアーカイブスに目が留まって、、、

内容は、水俣病

少ししか見なかったけど、
お医者さんが
「神経細胞がやられてる。今の医学では神経を新しく作ることは出来ません。。」(うろ覚え)
と言っていたのが印象的でした。。


うーん、確か今では、、、神経細胞は再生するんじゃ、、、、??
と思ったけど、まだ動物実験段階??


でも、放送から40年くらいで、動物では神経細胞の再生が確認されて、、、
はやく、人にも応用されないかな??なんて思いました。
[PR]
by harkul | 2006-01-24 23:58